読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

選択者のチラ裏

Twitterでは書ききれないなと思ったからブログ作りました。だいたいWIXOSSについて書きます。

ウムルについて①

最近ウムルを作ったので、ウムルに関して雑記。

 

全体的な印象としてはトラッシュからの場出しが強いのが印象的。相手ターンにはアズマ1枚で3面が埋まる。自ターンに関してもアラハバキ1枚で3面が埋まることもよくある。デッキボトムにカードを送る動きと、デッキを掘る動きを生かしつつ、トップ操作、狙ったカードをトラッシュに送るなど、非公開領域であるデッキの操作と、公開領域であるトラッシュの操作をしっかりとしなくてはいけない。

さらにはトラッシュからの場出しにエナチャージや、パワーマイナスを絡めることで、幅広い動きをすることが可能。

 

ルリグの「白亜の鍵主 ウルトゥム」はターン1でトラッシュの天使と古代兵器をデッキボトムに送って、相手のシグニを1体トラッシュに送ることが出来る。それにより少しずつ相手のリソースを削ることが出来る。

アタックフェイズのエクシード効果は、手札またはトラッシュから黒のシグニを場出しすることが出来る。対ヘルボロスに対しても動くことが出来る便利な能力の代わりに出現時能力は発動しない。

基本的な蘇生対象は✝︎ヴァルキリー✝︎と同時にカイヅカを蘇生させて12000のマイナスを入れる。もしくはハスターを蘇生させてエナチャージを狙う。さらにはメツムを蘇生してバニッシュ耐性を付けることも出来る。エクシードコストにされたレベル3ウムルの効果でシグニを2体回収することで枯れた、もしくは枯らされた手札を回復することや、次のターンの展開したいシグニを確保することも出来る。

 

キーとなるシグニ

 

ヴォイニ

ダウン起動効果でデッキから上3枚落として、それら全てが古代兵器なら1ドロー。

デッキにはウルトゥムの効果関係上、天使のシグニを投入しなくてはならないために成功率は30%ほど。しかしデッキを削ることが大切なので、1ドローはオマケ。さらにアシレンと組み合わせたループも存在。

 

メガトロン

ダウン時効果で場の古代兵器をトラッシュに落とすことで、レベル3以下のシグニをバニッシュできる。アステカ効果で出したヴォイニを無駄無く処理するどころかアドバンテージに変えることが出来、点取りソースとして優秀。メガトロン効果で場に出ている他のメガトロンをトラッシュに送ることで面を開けるなど、あらゆる古代兵器のシグニを無駄なく使える。

 

シレン

出現時効果でトラッシュからレベルの違うシグニを4枚戻して1ドローすることの出来るシグニ。デッキにリフレッシュを入れないようにしつつ、好きな順番でデッキボトムに戻せるため、自ターンのドロー調整や、ニャクルトによる場出し効果の調整、ヴォイニ効果を確定させるなど使い道が多すぎるカード。ヴォイニと組み合わせてループが可能であり、ヨグソトスと絡ませる事によりアドバンテージを取りつつ-8000を割り振ることも出来る。

 

アラハバキ

こいつ1人で面を埋め尽くす事が出来るほどの優秀な効果を持つ。手札の古代兵器を捨てることで、レベル3以上の古代兵器を蘇生できる。ニャクルトを出せば効果込みで3面。パルペックを蘇生されれば、サーバントYを蘇生させてサーバントを手札に加えられる。エレチェア蘇生で面開け、ハスター蘇生でエナチャージ、カイヅカ蘇生でパワーマイナス割り振りと役割が無茶苦茶多い。しかし出現時効果のためウルトゥムによる蘇生対象にはならない。

 

✝︎ヴァルキリー✝︎

デッキ掘りに加えて、蘇生時にパワーマイナスを割り振れる。レベルが3のためルリグレベルが4の際にリミットの邪魔にならないのが魅力。ウルトゥム効果での蘇生候補筆頭。さらにはウルトゥム効果でデッキボトムに送る候補。

 

カイヅカ

他キャラが蘇生されると、ノーコストで引っ付いて蘇生されて面を埋めた挙句にパワーマイナスを割り振る化け物。✝︎ヴァルキリー✝︎と組み合わせて12000のマイナスを割り振れる。結果、イカ吹き飛ばして3面守れる。

 

ニャクルト

通称「黒いイカ」。場出しした時にデッキトップをトラッシュに送り、それが古代兵器なら場に出せる。さらにはアタック時にデッキを3枚削り、落とされた古代兵器の枚数×3000のパワーマイナスが可能。単体でヘルボロスを倒しに行けたり、パワー9000以下のシグニならバニッシュ圏内。12000のシグニなら事前に3000のマイナスを振っておくことで倒すことが出来る。つまり手札1枚のアドバンテージと、パワーマイナスが出来る強力なアタッカー。場出しはアシレン、ウルトゥム、デッキ削りによりほぼ好きなシグニを持ってくることが出来る。

 

パルペック

ダウン+黒1エナで好きなシグニを蘇生できる。ハスターを場出ししておく、もしくは場出しすることでコスト無しで使用可能。ニャクルトやアラハバキを出せば3面を埋めることが出来る。もっとも大きい役割としてはサーバントYの蘇生になる。ウムルは自身のデッキを削り、加えることを繰り返すことにより、リフレッシュを入れること無くデッキを回す事ができる。しかしサーバントを戻せないため、手札にあるサーバントを使ってしまうとそこからルリグの攻撃が止まらなくなってしまう。そこでサーバントの回収が出来るサーバントYが必要になってくるが、それ自体も落ちてしまう可能性が高い。よってサーバントYの蘇生手段が必要となる。つまりパルペック重要。

 

サーバントY

鯖が枯れていくデッキの救世主。サーバントを回収できて、パワーが11000で、LBもサーバント回収。素晴らしい。

 

ヨグソトス

LB優秀。ヴォイニ、アシレンループのお供。ウルトゥム効果とアシレン効果を組み合わせれば12000のマイナスをかけられる。目立たないけど便利な一枚。

 

ここまでが、パッと使ってみた辺りのキーカードと総評。次はアーツとか回してみて感じた事編。

 

ウムルについて②に続く。